トップ / 自分に合った住宅ローン

自分に合った住宅ローン

住宅ローンについて

住宅の購入に当たっての注意

住宅の購入では、資金調達が難しいので、ほとんどの場合ローンを組むことになります。注文住宅では、不動産会社と提携している金融機関との提携ローンで組む場合が6割をしめるようですが、これには注意点があります。ローンは高額ローンであるため、数パーセントの金利の差で、総返済額に数百万円の差がつきます。さらに諸費用の差でも金融機関によって数十万円の差がつきます。提携ローンにもメリットはありますが、決める前に、複数の金融機関で比較して、自分に最も合ったローンかどうかを調べる必要があります。人生で一度の買い物なので、手間を惜しまないことが大切です。

資金調達手段を考える

資金調達手段としては、住宅ローンがあります。約6割の人が、提携ローンでローンを組んでいるようです。買い物は、人生で最も高額な買い物なので、メリット・デメリットを考慮して慎重に考える必要があります。提携ローンのメリットは、不動産会社と提携を結んでいる金融機関なので、金利の優遇などを受けやすいこと、物件審査がすでに通っている状態からのスタートになるので、手間がかからず、スムーズに審査が行われること、審査に通りやすいことなどがあげられます。デメリットとしては、本当に自分にあったローンなのかが十分に比較検討できないということです。住宅の購入は人生に一度のものなので、十分に比較検討してローンを選ぶことが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅の相見積もりでかしこく. All rights reserved.